pagetop

雨竜高等養護学校 -稲刈り授業-

  • print印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年10月11日更新
  • facebook<外部リンク>
  • <外部リンク>

雨竜高等養護学校 農業科 -稲刈り体験-

2018年9月25日 稲刈り体験

養護学校・農業科の生徒たちが稲刈りをすると聞いて、取材に行ってきました。

遠景1
今回訪れたのは市街地にほど近い田んぼ。
農業科の1年生6名と2年生4名、教員数名で稲刈りを進めていきます。

刈る1刈る2
鎌を握りしめ、慎重に稲を刈っていきます。数を数えながらの作業のため、黙々と作業が進められます。

結ぶ1束ねる2
刈った稲は12束ずつまとめ、ひもで結んでいきます。

作業1作業2
コツをつかむと手際も良くなり…すっぽりと稲に入りこんで作業をしてる生徒もいました。

私も少しお手伝いさせてもらいましたが、稲を刈るときの感触はなんとも爽快!
取材に来ているjことや数を数えることを忘れて、夢中で刈り取ってしまいそうでした。

終始中腰での作業のため生徒からは「腰が痛い。」との声が…

バインダーバインダー
ここで協力助っ人が!!
バインダーと呼ばれる自走エンジンを搭載した小型の稲刈機。
なんとこちらの機械は刈った稲をひもで結ぶところまで自動でやってくれるのです!
バインダーが通った後にはコロコロと稲の束が出来上がります。

作業3
今回刈り取った稲は稲架掛けをし、乾燥、脱穀、籾摺り、精米という工程を経て養護学校の給食として食べられます。
さらに余った稲藁で縄を編み製品として販売するとのことでした。

自分で刈り取った稲を最後まで余すことなく利用する。そんな貴重な体験はなかなかできませんよね。
機会があれば、縄を作る様子なども見てみたいなと思いました。

今回取材にご協力頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

上畑

 

 

このページを紹介する

twitter<外部リンク> <外部リンク>
前のページに戻る このページのトップへ