pagetop

2017年6月18日 暑寒メロン初出荷

  • print印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年6月18日更新
  • facebook<外部リンク>
  • <外部リンク>

2017年6月18日 暑寒メロン初出荷

雨竜町の特産品である「暑寒メロン」の初出荷の現場に行ってきました。
めろん1
メロンの出荷は道の駅に隣接する、JAきたそらち農協雨竜町野菜集出荷施設で行われます。
めろん2
待ちに待った今年初出荷となる暑寒メロン!
皆さん慣れた手つきでレーンに流していきます。

メロン3めろん4めろん5
めろん6めろん8めろん8
運び込まれたメロンのうち、1つは計測用にその場で包丁がいれられます。
糖度計で糖度を測ると……17.4度!!!
高い!!と一人興奮していましたが、関係者によると例年並みの甘さだそうです。
暑寒メロンのレベルの高さがうかがえます。
めろん9めろん13めろん10
めろん11めろん12メロン14
糖度の計測が終わると、次にケース内のメロンのランクを決めます。
大きさ、ネットの張り、ヘタの有無などにより「秀」から「A」まで6段階にランク付けされます。
この日のメロンはすべて最もランクの高い「秀」とランク付けされました!
各ケースにランクが書き込まれ、パンフレットとともに一玉一玉にシールが張られます。
いよいよ暑寒メロンとして、生産者からお客さんの元へ運ばれる準備が整いました

めろん15
毎年、暑寒メロンを一番に出荷する大橋一夫さんと奥様。
今年は雨と低温が続き、水やりのタイミングや温度管理が大変だったそうです。
「メロン作りが難しい年だった」と、奥様も仰っていました。
そんな中、例年並みの出荷量と品質は確保できそうだとのこと!
メロンを作って約30年の経験の積み重ねや知識が暑寒メロンのうまさの秘訣なんですね。

 

めろん16
次の日には暑寒メロンの初競りが札幌で行われました。
競りの結果…
5玉入り 10万円(1ケース)
5玉入り 1万5000円(7ケース)
4玉入り 2万2000円(1ケース)
4玉入り 2万円(2ケース)
6玉入り 1万5000円(1ケース)
という金額が付けられました。

今回の取材を通じて、初めて暑寒メロンを生で見ましたがその美しさに感激!
これは贈り物に最適!私も家族や友人に是非、送りたいなと思いました。

これから暑寒メロンは最盛期を迎えます。
今後の暑寒メロンの動きから目が離せません!!

上畑

 

このページを紹介する

twitter<外部リンク> <外部リンク>
前のページに戻る このページのトップへ