pagetop

まち・ひと・しごと創生寄附金活用事業(企業版ふるさと納税)について

  • print印刷用ページを表示する
  • 更新日:2020年4月14日更新
  • facebook<外部リンク>
  • <外部リンク>

まち・ひと・しごと創生寄附金活用事業(企業版ふるさと納税)について 【※ 現在は寄附を募集していません 】

概要

 民間企業等の御協力をいただきながら、地方版総合戦略に基づく事業を積極的に実施していく観点から、地方公共団体が行う地方創生事業に対して法人の寄附を促す制度が創設されました。

 民間企業等の法人が認定地域再生計画に記載されたまち・ひと・しごと創生寄附活用事業に関連する寄附を行った場合に、この法人に対する課税の特例措置が受けられます。

 

税制措置の内容

内閣府が認定した「まち・ひと・しごと創生寄附活用事業」に対する寄附を行った法人に対し、寄附額の3割に相当する額の税額控除の特例措置がなされます。現行の地方公共団体に対する法人の寄附に係る損金算入措置による軽減効果(約3割)と合わせて、寄附額の約6割に相当する額が軽減されます。

【税目ごとの特例措置の内容】

(1)法人住民税

 寄附額の2割を税額控除(法人住民税法人税割額の20%が上限)

(2)法人税

 法人住民税の控除額が寄附額の2割に達しない場合、寄附額の2割に相当する額から法人住民税の控除額を差し引いた額を控除(寄附額の1割、法人税額の5%が上限)

(3)法人事業税

 寄附額の1割を税額控除(法人事業税額の20%が上限)

【イメージ】

概要

【詳細内容】

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/tiikisaisei/pdf/furusato23tebiki.pdf<外部リンク>

 

対象事業

事業名:キッズエリア活性化事業

事業年度:平成30~31年度

事業費全体:99,680千円

事業費内訳:(H30):64,580千円

       (H31):35,100千円

事業概要

現在、実施している定住促進事業の子育て支援の医療費助成、保育料無料化、公設民営塾、社会教育事業等に加え、雨竜町のメモリアルパークを活用した『キッズエリアの活性化事業』と『定住促進事業』を一体のプロジェクトとして実施することで、町内の子育て環境の充実化を図り、子育て世代に魅力あるまちづくりを行う。

キッズエリア

 

寄附受付について 【※ 現在は寄附を募集しておりません】

令和2年4月現在、上記の対象事業が平成31年3月末をもって完了したことから、新規の寄附を受付しておりません。

また、新たに対象となる事業がありましたら、当該ページでお知らせいたします。

 

 

ご寄附いただいた企業のご紹介

平成30年度にご寄附をいただいた企業様をご紹介します。(公表についてご了承いただいた企業様のみ掲載しております。)

 

株式会社河村ビル開発http://kawamura.strikingly.com/<外部リンク>

 代表取締役会長 河村 有泰

  • オフィスビル・レジデンスの開発 賃貸 売買 管理
  • 収益用不動産の開発
  • 住宅用地・工業用地等の開発 販売
  • 不動産の売買 仲介 コンサルタント
  • 所有動産のリース レンタル コンサルティング
  • (Sf77A3 Tz16A Ss12A 3台所有)
  • 地方創生コンサルタント
  • 海外人材コンサルタント(モンゴル国)

 

医療法人社団 創志会 東京中央美容外科https://aoki-tsuyoshi.com/<外部リンク>

 理事長 青木 剛志

 医療法人社団 創志会 東京中央美容外科(TCB)は安心とおもてなしの心で二重整形、豊胸、若返り治療(ヒアルロン酸注射やボトックス注射、リフトアップ)、医療脱毛を中心に美容医療を提供しています。
美容医療を通じて若々しく健康でいられる喜び、前向きに明るく生活できる喜びを一人でも多くの方に提供していくことが私たちの使命です。
全国15院(仙台、福島、郡山、宇都宮、新宿、世田谷、中野、浜松、江坂、堺、京都、新横浜、川口、枚方、沖縄)

 

このページを紹介する

twitter<外部リンク> <外部リンク>
前のページに戻る このページのトップへ