pagetop

町長の活動レポート 2015年10月

  • print印刷用ページを表示する
  • 更新日:2015年10月23日更新
  • facebook<外部リンク>
  • <外部リンク>

第39回 高齢者・身体障がい者合同レクリェーション大会を開催しました

10月22日 (水曜日)

競技ボールインワン競技たくさん倒して
競技玉入れ
外は大変天気が良い日でしたが、改善センター体育館で、町内全域から、約60名の高齢者等の皆さんのご参加をいただき、開催させていただきました。

皆さんが楽しみながら競い合えるよう、種目を工夫し、6種類の競技を実施しました。
途中で保育園児の幼童競争も行い、元気いっぱいに走る園児を参加者の皆さんは笑顔で見守っていました。
競技終了後は恒例となっている豚汁をご馳走になりました。
調理いただきました日赤奉仕団の皆さんに、心よりお礼申し上げます。

また、競技のお手伝いをいただきました社会福祉協議会役員及び日赤奉仕団の皆さんにも感謝申し上げます。

初めての地域防災訓練を実施しました

10月7日 (水曜日)

災害対策本部避難所設営
日赤奉仕団炊き出し

雨竜町初の防災訓練を実施させていただきました。
大雨により雨竜川が増水し、氾濫注意水位に達し、「避難準備」情報を発令、その後、更に降雨が続き、避難判断水位到達見込みとし「避難勧告」を発令しました。

また、更に雨が降り続き、氾濫危険水位到達し、「避難指示」に切り替えました。
その後、更に水位が上昇し、雨竜川右岸堤防で越流という設定で訓練を取り進めました。
地域のほとんどの方が指定施設の公民館へ避難する中、要援護者や避難し遅れた方を設定させていただき、訓練を行いました。

また、合わせて排水機場の運転を想定し、地域の運転補助員のご協力のもと、運転シュミレーションを行いました。
消防職員・団員、深川警察署等のご協力のもと、訓練は時間通り順調に実施され、無事完了させていただきました。
その後、避難所の設営訓練にも地域の皆さんのご協力をいただき、テント・簡易トイレ・パーティションなど、短時間での設営が完了できました。

また、炊き出し訓練として、日赤奉仕団の皆さんのご協力をいただき、美味しい豚汁を参加者全員でご馳走になりました。
お湯を注ぐだけで食べられる「マジックライス」も皆さんで試食しました。
こちらは、少し硬いものもあり若干不評でしたが、非常用食料ということでご容赦いただきたいと思います。
お忙しい中ご協力いただきました皆さんに心よりお礼申し上げます。

暑寒の里「暑寒祭」に出席させていただきました

10月3日 (土曜日)

暑寒祭よさこい暑寒祭合唱

爆弾低気圧は去ったものの、天候が不安定で、地域交流ホームの中での開催となりましたが、施設利用者の父母の方々や、地域の方々が多数来場され、賑やかに開催されました。

職員及び利用者さん達が丹精こめて栽培し収穫した「雨竜米」のおにぎりを皆さんで大変おいしくいただきました。
今年は全道的に田植え後天候が不順で、稲の生育が思わしくなく、大変心配しましたが、7月8月と好天に恵まれ、稲の生育が大幅に回復しました。

全町的に現在稲刈りの真最中ですが、聞くところでは、まずまずの作柄との事で一安心です。
暑寒祭は躍進滝川太鼓の演奏、砂川ブラススタイルのジャズ演奏、もせうしRIMUSE to 砂川彩華のよさこい、雨竜中学校吹奏楽部の演奏そして最後に利用者さんの「翼をください」を雨竜中学校吹奏楽部とともに合唱し、会場は大いに盛り上がりました。

楽しいひとときを共に過ごさせていただき、ありがとうございました。

北海道日本ハムファイターズ球団社長にお会いしました

10月1日 (木曜日)

竹田憲宗球団社長谷口雄也選手

この日は、北海道日本ハムファイターズの札幌ドーム最終戦ということで、竹田憲宗社長が球団事務所にいらっしゃるとお聞きし、大山口議長・竹ケ原副議長とともに訪問させていただきました。

お忙しい中時間を作っていただき、面会させていただき感謝申し上げます。
竹田社長はとても気さくな方で、球団に対する熱い想いや、北海道民・ファンへの感謝の気持ち、また、今後行われるドラフト会議への意気込み等を力強く語って下さいました。

ほんの少しですが、雨竜米新米を贈呈させていただきました。
また、試合開始前に、谷口雄也選手に直接お会いさせていただき、一緒に記念撮影させていただきました。
これからの活躍を期待します。

試合も途中まで観戦させていただきましたが、残念ながらロッテに惨敗でした。
10日からのクライマックスシリーズを楽しみたいと思います。

このページを紹介する

twitter<外部リンク> <外部リンク>
前のページに戻る このページのトップへ