pagetop

町長の活動レポート 2017年3月

  • print印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年3月27日更新
  • facebook<外部リンク>
  • <外部リンク>

きたそらち農協から雨竜米を寄贈いただきました

3月27日(月曜日)

JAきたそらちから学校給食米の贈呈を受ける西野町長と糸谷教育長

この度、雨竜小学校・中学校の学校給食に利用して欲しいということで、雨竜米520kgをきたそらち農協から贈呈いただきました。
これは、学校給食4月~5月の2か月分のお米で、品種は「ななつぼし」です。
きたそらち農協の早崎優美組合長さんは「雨竜町のお子さん達に、おいしい雨竜米を食べていただき、健康な学校生活を送って欲しい。」とおっしゃっていました。
ご厚意に心より感謝申し上げます。

 

雨竜町保育園卒園式、雨竜小学校・雨竜中学校卒業式に出席しました

3月25日(土曜日)・18日(土曜日)・13日(月曜日)

雨竜町保育園卒園式雨竜小学校卒業式雨竜中学校卒業式

25日は雨竜町保育園の卒園式、18日は小学校、13日は中学校の卒業式でした。
小学校・中学校では祝辞を述べ、激励させていただきました。それぞれ、卒業生を思いやる心がこもった演出があり、とても印象に残る良い式典で、感動させていただきました。
また、日本ハムファイターズの応援大使である“鍵谷投手・松本選手”からの激励のメッセージが披露されました。
皆さん4月から入学・進学され、新たな環境に少し戸惑うかもしれませんが、元気に通学され、はつらつと過ごされますようお祈りしております。
なお、写真はありませんが、3月3日(金曜日)に雨竜高等養護学校の卒業式にもご案内いただき、祝辞を述べさせていただきました。
皆さん、ご卒園・ご卒業、本当におめでとうございます。

 

第1回定例議会が終了しました

3月6日(月曜日)から3月10日(金曜日)

西野町長の執行方針演説糸谷教育長の教育行政執行方針演説

第1回定例議会第1日に、「町政執行方針」を述べさせていただきました。
内容詳細につきましては、後日町広報誌及び議会広報に掲載されますが、町長就任以来、間もなく任期半ばとなりますが、これまで、まちづくりの指針である「雨竜町振興基本計画」等に沿って、住民との対話を重ねながら、基本目標とした“こどもからお年寄りまで笑顔があふれ、未来に希望のもてるまちづくり”を目指し、取り組んで参りました。
今後更に、幅広く住民の声を拾い上げ、明るく豊かで活力ある地域づくりを進めてまいりたいと述べさせていただきました。
また、役場庁舎改築事業については、平成29年度新庁舎本体工事に本格的に取り組み、平成30年度の開庁に向け、確実に工事を推進する旨述べさせていただきました。

町政執行方針の項目立てとして

  1. 産業振興による足腰の強い活力あるまちづくり
  2. 明るく豊かな暮らしを守るまちづくり
  3. 明るい未来を描く教育・文化・スポーツのまちづくり
  4. 住民参加による愛着のあるまちづくり

とし、それぞれ具体的な政策を盛り込ませていただきました。

また、糸谷尚徳教育長が「教育行政執行方針」を述べました。

7日から9日は議会が休会となり、この間予算特別委員会(竹ケ原利明委員長)が開催され、新年度予算に係る活発なご質問を数多くいただき、主に担当主査・主幹・課長が適切に答弁していただきました。
貴重なご意見は、今後のマチづくりに活かしていきたいと存じます。

10日の議会最終日には4人議員より5件の一般質問が行われ、答弁させていただきました。
質問事項は次の通りです。

野村耕次郎議員木村啓治議員

吉本周治議員須見栄一議員

  1. 不育症治療に対する支援について(野村耕次郎議員)
  2. 部活動の現状と将来の方向性について(木村啓治議員)
  3. 定住促進事業拡充による人口減少対策について(吉本周治議員)
  4. 全国体力・運動能力・運動習慣等調査の結果について(野村耕次郎議員)
  5. 今後のまちづくりについて(須見栄一議員)

一般質問の内容については後日発行の議会広報をご覧下さい。

また、平成20年3月より3期9年間、固定資産評価審査委員会委員を担っていただいた植田勝治氏が退任され、新たに菅原明睦氏を選任させていただくこととなりました。
植田委員には心より感謝しお礼を申し上げ、菅原新委員には今後よろしくお願い申し上げるところであります。

なお、補正予算・条例改正等全議案について、原案どおり可決いただきました。

 

北海道日本ハムファイターズ応援大使決起集会・激励会に出席しました

3月3日(金曜日)

鍵谷選手、松本選手と西野町長、先名課長総決起集会集合写真

激励会

本年市町村応援大使が当たった18市町村の代表者が集い、札幌市で“決起集会”が開催されました。
高橋知事のメッセージが披露され、その後竹田球団社長があいさつし、続いて高橋神恵内村長が激励のあいさつをされました。
そして、中島卓也選手から力強い決意表明が述べられました。
雨竜町の応援大使である鍵谷陽平投手・松本剛選手とお会いでき、今年の活躍を期待申し上げ、激励させていただきました。
その後行われました、北海道シリーズ2017「WE LOVE HOKKAIDO」での限定ユニホーム掲出抽選では、残念ながら当たりを引けませんでした。
申し訳ありません。
最後に皆さんで記念撮影がありました。
また、その後開催された激励会に、本家雨竜後援会会長と共に出席いたしました。

このページを紹介する

twitter<外部リンク> <外部リンク>
前のページに戻る このページのトップへ