pagetop

20歳になったら国民年金

  • print印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年8月25日更新
  • facebook<外部リンク>
  • <外部リンク>

国民年金は、国が責任をもって運営する公的年金制度です。
日本国内に住所を有する20歳から60歳までの人が加入することになっています。

加入者(被保険者)は次の3種類

  • 第1号被保険者 自営業者、学生など
  • 第2号被保険者 サラリーマンなど厚生年金等に加入している方
  • 第3号被保険者 第2号被保険者に扶養されている配偶者(妻・夫)

国民年金は、やがて必ず訪れる長い老後の収入を国が約束してくれる年金制度です。老後の所得保証だけでなく、さらに病気やけがで障害が残ったときや、18歳未満の子供を残して父親が亡くなったときにも年金を支給して、思いがけない人生の「万一」もサポートします。

20歳になったら忘れずに手続きを行ってください。

(第2号被保険者は個別に手続きの必要はありません。)

お問い合わせ

砂川年金事務所<外部リンク>

Tel 0125-52-2141

このページに関するお問い合わせ

住民課 福祉担当
〒078-2692 北海道雨竜郡雨竜町字フシコウリウ104番地 Tel:0125-77-2212 Fax:0125-78-3122

emailメールでのお問い合わせはこちら

このページを紹介する

twitter<外部リンク> <外部リンク>
前のページに戻る このページのトップへ