pagetop

通知カード

  • print印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年11月1日更新
  • facebook<外部リンク>
  • <外部リンク>

「通知カード」とは

  • 自分自身の「マイナンバーを証明する書類」です。
  • 通知カードは、表面に個人の「マイナンバー(個人番号)」 「氏名」 「住所」 「生年月日」 「性別」 が記載されている、薄緑色の紙でつくられたカードです。
  • 平成27年10月1日時点で住民登録されているすべての方に対して、「世帯ごと1つの白色封筒」で、「世帯主の方宛」に、郵便で送られています。ご自分のカードが見当たらない・・・という方は、その時同一世帯だった方が管理されていないか確認をお願いします。
  • 平成27年10月以降に出生届出をされた方、海外から転入した方については、住民登録の手続きをした日から1ヶ月前後で、郵便で個別に通知カードが届きます。
  • 「氏名」 「住所」 「生年月日」 「性別」 に変更のあった場合は役場で記載事項の変更(裏面への追記)を行いますので、カードをお持ちください。    ※ご自分で記入しないようご注意ください。
  • 有効期限はありません。
  • 紛失・破損による再発行手数料は1人500円です。
  • 身分証明書として使用することはできません。

 

 通知カード様式

 

 

 

 

 

 

 

 

通知カードを紛失してしまった場合

ご自分のマイナンバーを確認するための方法として、大きく分けて3つの選択肢があります。

1.通知カードの再発行申請

 ご自分の通知カードをなくしてしまったら、役場で再発行の申請をしていただくことにより、再発行が可能です。手続きしていただいてから1か月前後で簡易書留にて郵送されます。

手続きは原則として本人による手続きとなり、役場で受付しています。

<申請に必要なもの> 

1) 通知カード再交付申請書 

2) 再交付手数料  500円 (ただし、海外から転入の場合やカードの追記欄の余白がなくなった場合の再交付申請は無料)

3) 本人確認書類  運転免許証、パスポート等

※官公署発行の顔写真付身分証明書をお持ちでない人は、保険証、年金手帳、学生証など2点で本人確認をさせていただきます

2.マイナンバーカードを申請

通知カードをなくしてしまっても、マイナンバーカードの発行申請は可能です。(初回無料)

マイナンバーカードはご自分のマイナンバーを提示する資料としてだけでなく、本人確認書類としても利用できますので、ぜひご検討ください。

3.住民票の写し(マイナンバー入り)の取得

通知カードやマイナンバーカードを紛失してしまい、手元にマイナンバーを知る資料がなくなってしまった場合は、役場住民課福祉担当窓口へお越しいただき、「マイナンバーを記載してほしい」という申告をしていただいたうえで、住民票の写しの提出先や提出理由等を明確にしていただければ、マイナンバーが記載された住民票の写しを取得することができます。ただし、1通200円がかかりますのでご注意ください。

また、「通知カードの提示」を提出先で求められている場合は、「マイナンバー入りの住民票の写しの提出」でも手続きが可能かどうか、お客様ご自身で確認していただきますようお願いします。

このページに関するお問い合わせ

住民課 福祉担当
〒078-2692 北海道雨竜郡雨竜町字フシコウリウ104番地 Tel:0125-77-2212 Fax:0125-78-3122

emailメールでのお問い合わせはこちら

このページを紹介する

twitter<外部リンク> <外部リンク>
前のページに戻る このページのトップへ