pagetop

認知症サポーターについて

  • print印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年4月26日更新
  • facebook<外部リンク>
  • <外部リンク>

認知症サポーターとは?

 認知症サポーターとは、認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族が安心して暮らしていけるように
温かく見守り、支援する応援者のことです。たとえば、街で認知症の症状のために困っている高齢者がいたら、
あなたが必要なサポートをすることで、認知症の方やその家族の方を支援することになります。

 現在、全国でボランティアグループの方々や、地域で働く何十万人の方々が、認知症サポーターとして、
認知症についての正しい知識を学んでいます。

参照:http://www.caravanmate.com/<外部リンク>(認知症キャラバンHP)
 

  雨竜町でも、地域住民のみなさんに認知症サポーター養成講座を行い、認知症に関する正しい知識を広めています。
 住民講座やミニ学習会などでサポーター養成講座を希望される方は、地域包括支援センターにご連絡ください。
 保健師がお伺いし、講話を行います。

  また、その他認知症サポーターに関するご相談も
  住民課内 雨竜町地域包括支援センター(電話74-5717)までお問い合わせ下さい。

このページに関するお問い合わせ

住民課 保健担当
〒078-2692 北海道雨竜郡雨竜町字フシコウリウ104番地
雨竜町役場 Tel:0125-74-5717

このページを紹介する

twitter<外部リンク> <外部リンク>
前のページに戻る このページのトップへ