pagetop

雨竜町史跡公園

  • print印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年9月30日更新
  • facebook<外部リンク>
  • <外部リンク>

概 要

本町の開拓の拠点となった、蜂須賀(はちすか)農場の事務所跡をいこいの広場として整備。敷地面積約3ha。

芝生広場・運動広場・記念樹の森が、農場事務所跡の建物を囲むように広がる。公園のシンボル「アカマツ並木」は、

昭和50年6月に北海道開拓記念保護樹木に指定されている。


アカマツ並木の写真です
 

史跡公園とアカマツ並木

明治26年、当時雨竜原野開拓に燃える蜂須賀茂韶(はちすかもちあき)氏が、農場創設に必要な用具とともに侯爵家の菩提

寺に自生する赤松の苗木を持ち込んで、事務所の通路に植えたものとされている。


開拓事務所の写真です
 

位 置

雨竜市街より約2km 道道暑寒別雨竜停車場線沿い。

雨竜町字満寿21番地

このページに関するお問い合わせ

教育委員会 教育担当
〒078-2600 北海道雨竜郡雨竜町字満寿33番地94 雨竜町公民館内 Tel:0125-77-2322 Fax:0125-77-2323

emailメールでのお問い合わせはこちら

このページを紹介する

twitter<外部リンク> <外部リンク>
前のページに戻る このページのトップへ