pagetop

伐採及び伐採後の造林の届出について

  • print印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年4月5日更新
  • facebook<外部リンク>
  • <外部リンク>

地域森林計画対象の森林の伐採には届出・報告が必要です

地域森林計画の対象となっている森林を伐採するときは、事前に「伐採及び伐採後の造林の届出書」を提出することが森林法第10条の8で義務付けられています。地域森林計画対象外の森林は届出の必要はありません。

 

届出が必要な森林

地域森林計画の対象となっている雨竜町内の民有林(森林経営計画を立てている森林は除く)
ただし、保安林と保安施設地区及び伐採後に森林以外に転用する面積が1ha以上の場合は空知総合振興局での手続きが必要です。空知総合振興局にご相談ください。
詳しくは下記PDFファイルをご覧ください。

森林伐採に関する届出の手続きについて [PDFファイル/295KB]

届出をする方

森林所有者が自ら伐採と伐採後の造林を行う場合は森林所有者、立木を買い受けて伐採を行う場合は伐採業者と造林を行う者が届出者となります。

届出の期間

伐採開始日の90日前から30日前まで

届出先

雨竜町産業建設課林業担当

届出の様式

伐採及び伐採後の造林の届出書 [Wordファイル/27KB]

届出の記載例 [PDFファイル/451KB]

※伐採場所がわかる図面を合わせて提出をお願いします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関するお問い合わせ

産業建設課 林業担当
〒078-2692 北海道雨竜郡雨竜町字フシコウリウ104番地 Tel:0125-77-2214 Fax:0125-78-3122

emailメールでのお問い合わせはこちら

このページを紹介する

twitter<外部リンク> <外部リンク>
前のページに戻る このページのトップへ