pagetop

冬の交通安全運動

  • print印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年10月17日更新
  • facebook<外部リンク>
  • <外部リンク>

令和元年 冬の全国交通安全運動が始まります

令和元年11月11日から20日までの10日間、「高齢者の交通事故防止」「スリップ事故の防止」「飲酒運転の根絶」を重点に置いた「冬の交通安全運動」が行われます。

運転者・歩行者それぞれの立場から交通安全を実践し、家庭や学校、職場などで交通の場における正しい行動の習慣化に努めましょう。

 

高齢者の交通事故防止

●交通事故による死者数の半数以上が高齢者・・・

運転者の皆さんは、歩行者の道路横断に対応できる安全な速度で運転し、歩行者の皆さんは外出するときは、明るい服装を心がけ、反射材を身に着けましょう。

横断歩道や信号機のある交差点で横断するときにも、加齢等に伴う身体機能の変化などを理解し、無理のない横断を心がけましょう。

 

スリップ事故の防止

これからの季節、積雪がなくても早朝や夜間は路面凍結のおそれがあります。

特に、山間部や橋の上、トンネル付近など路面状況に応じて危険を予測した運転に努めましょう。

 

飲酒運転の根絶!

飲酒運転による事故が後を絶ちません。

たとえわずかな量の飲酒でも、運転に必要な心身機能は確実に低下し、事故を起こす危険性が高まります。

二日酔い状態も含めて、酒気を帯びている人には絶対に運転をさせないようにしましょう。

ドライバー自身が飲酒運転をしないよう努めることはもちろんですが、飲酒運転で事故を起こした場合、車両の提供者や酒類提供者、同乗者などの関係者にも罰則が科せられます。

 

 

    飲酒運転は、悪質で重大な犯罪です。

               絶対に「しない・させない・ゆるさない」!

 

 

ストップ・ザ・交通安全 ~めざせ 安全で安心な北海道~

毎月15日は「道民交通安全の日」です。

歩行者やドライバー、自転車利用者それぞれがお互いの特性を知り、実践すべき安全確認、安全行動の把握に努めましょう。

出発前に必ず天気予報や道路情報をチェックし悪天候が予想される場合は、ルート変更するなど計画を見直すことも大切です。夜間に運転する際にはハイビーム(遠目のライト)走行を基本とし、歩行者、自転車の早期発見に努めましょう。

 

 

タイヤ交換はお済ですか

気温の低下に伴い、峠など山間部は、積雪・凍結の可能性があります。例年、冬タイヤへの交換が遅れたまま、夏タイヤを装着した車両が、凍結路面でスリップし交通事故を起こしています。凍結路面での夏タイヤ、すり減ったタイヤでの走行は大変危険ですので交通事故防止に努めましょう。

 

子どもと高齢者を事故から守りましょう

■子どもと高齢者の歩行者には、交通事故に遭いやすい危険な行動特性があります。

■ドライバーは、こうした危険な行動特性等を理解したうえで、安全運転に努めましょう。

■保護者や家族は、子どもや高齢者に対する安全指導やアドバイスをしっかり行いましょう。

 

 

冬の運動チラシ

このページに関するお問い合わせ

住民課 生活環境担当
〒078-2692 北海道雨竜郡雨竜町字フシコウリウ104番地 Tel:0125-77-2212 Fax:0125-78-3122

emailメールでのお問い合わせはこちら

このページを紹介する

twitter<外部リンク> <外部リンク>
前のページに戻る このページのトップへ