pagetop

特別収集ごみ (中身が確認できる透明な袋を使用)

  • print印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年5月16日更新
  • facebook<外部リンク>
  • <外部リンク>

収集日 (年4回、3か月に1度)

◎種類によっては一つの袋にまとめて出すことができるものもありますが、下記の表で確認し、間違えの無いよう分別してください。(使用できるのは中身を確認できる透明な袋に限ります)

 

主な種類と出し方

種類と出し方
主な種類出し方
電池類
(マンガン、アルカリ、リチウム、ボタン、充電池)

少量の電池は収集車が気が付かないことが考えられます。ある程度溜まってから出すようお願いします。

【 同一の袋で混入可能 】

水銀体温計、水銀血圧計

蛍光管

割れていない場合は、包装されていたケースに入れ複数の場合は縛る。袋からはみ出てもかまいません。
割れている場合は、中身が確認できる透明な袋を使用し、袋の口を縛る。

スプレー缶、ガスカセット缶

スプレー缶、ガスカセット缶は穴をあけ、確実にガス抜きをおこないましょう。
ライターは中身を使い切ったものに限ります。

【 同一の袋で混入可能 】

ライター

注意 : スプレー缶、ガスカセット缶のガス抜きが不十分で爆発事故も起きています。出されるときには必ずガス抜きを行ってください。
    電池は、役場・公民館に回収ボックスが設置してありますのでぜひご利用ください。

このページに関するお問い合わせ

住民課 生活環境担当
〒078-2692 北海道雨竜郡雨竜町字フシコウリウ104番地 Tel:0125-77-2212 Fax:0125-78-3122

emailメールでのお問い合わせはこちら

このページを紹介する

twitter<外部リンク> <外部リンク>
前のページに戻る このページのトップへ