pagetop

特別収集ごみ (中身が確認できる透明な袋を使用)

  • print印刷用ページを表示する
  • 更新日:2021年4月1日更新
  • facebook<外部リンク>
  • <外部リンク>

収集日 (年4回、3か月に1度)

◎種類によっては一つの袋にまとめて出すことができるものもありますが、下記の表で確認し、間違えの無いよう分別してください。

 指定のごみ袋はありませんので、必ず中身を確認できる透明な袋に入れて排出してください。

 

主な種類と出し方

種類と出し方
主な種類出し方
A-1 電池類
(マンガン、アルカリ、リチウム、ボタン、充電池)

少量の電池は収集車が気が付かないことが考えられます。ある程度溜まってから出すようお願いします。

また、電池類は役場・公民館に回収ボックスが設置してありますので、少量の場合はこちらもご活用ください。

【 A-1とA-2は 同一の袋で混入可能 】

A-2 水銀体温計、水銀血圧計

B 蛍光管

割れていない場合は、包装されていたケースに入れ複数の場合は縛る。袋からはみ出てもかまいません。
割れている場合は、中身が確認できる透明な袋を使用し、袋の口を縛る。

C-1 スプレー缶、カセットボンベ(ガスカセット缶)

スプレー缶は必ず中身を使い切り、使い切れない物は火気のない風通しの良い屋外で中身を出し切りましょう。カセットボンベ(ガスカセット缶)は手で振ってシャカシャカ音がする物は中身が残ってます。火が消えるまで完全に使い切りましょう。中身を使い切ったスプレー缶やカセットボンベ(ガスカセット缶)は火気のない風通しの良い屋外で穴をあけ、完全にガス抜きを行いましょう。
屋内でガス抜きを行うと火災や爆発が発生する恐れがあり大変危険ですので、やめましょう.

中身の入ったライターは収集できません。中身を使い切り、使い切れない物は火気のない風通しの良い屋外で中身を出し切りましょう。中身を使い切ったライターをそのまま袋に入れましょう。

【 C-1とC-2は 同一の袋で混入可能 】

C-2 ライター

注意 : スプレー缶、カセットボンベ(ガスカセット缶)のガス抜きは、必ず屋外において行いましょう。屋内においてガス抜きを行うと火災や爆発が発生する恐れがあり、大変危険ですのでやめましょう!

作業は火気のない風通しの良い屋外で [PDFファイル/1.99MB]


 電池は、役場・公民館に回収ボックスが設置してありますのでぜひご利用ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関するお問い合わせ

住民課 生活環境担当
〒078-2692 北海道雨竜郡雨竜町字フシコウリウ104番地 Tel:0125-77-2212 Fax:0125-78-3122

emailメールでのお問い合わせはこちら

このページを紹介する

twitter<外部リンク> <外部リンク>
前のページに戻る このページのトップへ