pagetop

町道民税の納税方法

  • print印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年8月25日更新
  • facebook<外部リンク>
  • <外部リンク>

町道民税の納税方法には、普通徴収と特別徴収の2つがあり、そのいずれかによって納税することとなります。

普通徴収

役場から送付された納税通知書により年4回に分けて納税していただきます。

  • 第1期: 6月1日から同月30日
  • 第2期: 8月1日から同月30日
  • 第3期:10月1日から同月31日
  • 第4期:12月1日から同月30日

特別徴収

給与特別徴収

給与所得者の町道民税は、特別徴収税額通知書により役場から給与 の支払者を通して通知され、給与の支払者が毎月の給与支払の際に、 その人の給与から税金を天引きして、翌月の10日までに役場に納入していただくことになっています。

これを特別徴収といい、給与の支払者を特別徴収義務者と呼んでいます。特別徴収の場合は、6月から翌年5月までの12ヶ月で徴収することになっています。

~特別徴収義務者の方へ~

退職や転勤などで、特別徴収に係る異動がある場合には、下記の届出書をダウンロードし届出をしてください。

 給与所得者異動届出書[PDFファイル/106.22KB]

新たに特別徴収を開始したい場合は、下記の切替届出書を提出してください。

特別徴収切替届出書[PDFファイル/101.56KB]

年金特別徴収

4月1日現在65歳以上の公的年金受給者で、前年中の年金所得に係る個人住民税の納税義務のある方が対象です。

初めて特別徴収の対象となる方は、税額の2分の1を普通徴収の第1期・第2期に納付書で納めていただき、残りの2分の1については公的年金支払者(社会保険庁など)が10月、12月及び翌年2月分の公的年金から税額を天引きした形で納めます。

前年度から特別徴収が継続している方は、公的年金支払者が4月、6月及び8月分の公的年金から前年度2月分と同額を天引きし(仮徴収)、残りを10月、12月及び翌年2月分の公的年金から天引きして納めます。

年金特別徴収の対象者は、納税通知書に各年金支給期での天引き額と年金支払者が記載されています。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関するお問い合わせ

出納室 税務会計担当
〒078-2692 北海道雨竜郡雨竜町字フシコウリウ104番地 Tel:0125-77-2211 Fax:0125-78-3122

emailメールでのお問い合わせはこちら

このページを紹介する

twitter<外部リンク> <外部リンク>
前のページに戻る このページのトップへ