pagetop

町道民税の申告

  • print印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年8月25日更新
  • facebook<外部リンク>
  • <外部リンク>

1月1日(賦課期日)現在、町内に住所のある人は、毎年3月15日までに(休日の場合は、その翌日)所得金額などを記載した申告書を提出していただくことになっています。

前年の所得がない場合、もしくは障害年金や遺族年金等の非課税所得のみの方でも、申告をお願いします。

未申告の方は所得証明書等の発行が出来ない場合があります。

ただし、次に該当する方は、申告の必要はありません。

1.所得税の確定申告を行なった方-町道民税の申告書も提出したとみなされるため

2.前年中の所得が給与所得のみの方-会社から役場へ「給与支払報告書」が提出されるため。ただし医療費控除や年末調整で追加し忘れた保険料等がある場合は申告してください。

年金所得者の方へ

平成23年分確定申告より、公的年金の収入額が400万円以下で、かつそれ以外の所得金額が20万円以下の方については、所得税の申告(確定申告)義務が免除されていますが、確定申告をしないと町道民税の申告もしたこととならないので、町道民税の税額が高くなる場合があります。

町道民税の申告が必要かどうか等、不明な点はお問い合わせください。

申告の手続きに必要なもの

必須

1.印鑑

ある方のみ

2.給与所得の源泉徴収票または公的年金等の源泉徴収票
3.事業・不動産所得のある人は、領収書・収支計算書・帳簿等
4.社会保険料(国民健康保険税・国民年金・介護保険料等)の領収書
5.生命保険料・個人年金保険料・地震保険等の支払金額の証明書
6.医療費控除を受ける人は、医療機関の領収書
7.障害のある人は、手帳等障害の程度がわかるもの
8.その他、所得及び所得控除の内容を明らかにする書類

申告書の様式は役場税財グループに備えています。ダウンロードすることも出来ます。印刷してお使いください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関するお問い合わせ

出納室 税務会計担当
〒078-2692 北海道雨竜郡雨竜町字フシコウリウ104番地 Tel:0125-77-2211 Fax:0125-78-3122

emailメールでのお問い合わせはこちら

このページを紹介する

twitter<外部リンク> <外部リンク>
前のページに戻る このページのトップへ